LINEMO

LINEMOと楽天モバイルを比較!どっちがおすすめか・併用できるか徹底検証

シンタ
LINEMOが安くて気になってるけど楽天モバイルと比較してどっちがお得なのかな?
楽天モバイルとLINEMOはライバル同士だよ。それぞれメリット、デメリットがあるから詳しくみていきましょう
さとう

LINEMOと楽天モバイルはライバル関係なのでよく比較されます。LINEMOは3GB:990円/月、20GB:2728円/月の二つのプラン展開。対して楽天モバイルは従量課金制(データを使った分だけ課金)で1078円~最大3278円と月額料金に幅があります。
どちらも安いために乗り換えで迷っている方が大変多くなっています。

結論だけを書くと以下のようになります。

LINEMOがおすすめな方!

  • データ容量をあまり使わない方ー3GBプランが990円/月
  • ソフトバンクの方ーSIMロック解除不要、ソフトバンクまとめて支払いに対応
  • 広いエリアで安定した回線を使いたい方ーソフトバンクと同じ回線
  • LINEを沢山使う方ーLINEアプリをいくら使ってもデータ消費ゼロ

\今なら最大8ヵ月実質無料!/

LINEMO公式サイト

↑10,000円相当のポイント還元あり↑

楽天モバイルがおすすめな方!

  • 楽天モバイルエリア内の方ー月3278円で無制限で使える
  • 大容量使う方―ギガ上限なしの無制限
  • 長い通話をする方ー専用アプリならかけ放題無料
  • 実店舗、電話サポートを受けたい方ーどちらにも対応(LINEMOはWEBチャットのみ)

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

さとう
どちらを選んでも安いけど向き不向きがあるから注意点があるの。比較ポイントを詳しくみていくね

LINEMOと楽天モバイルのプラン比較

LINEMOと楽天モバイルのプランを表で比較してみます。

LINEMO楽天モバイル
月額料金ミニプラン(3G):990円
スマホプラン(20GB):2729円
3GBまで:1078円
20GBまで:2178円
20GB~無制限:3278円
※パートナー回線は5GB/月
通話料金22円/30秒専用アプリ:かけ放題無料
22円/30秒
通信回線ソフトバンク5G
ソフトバンク4G
楽天回線(4G、5G)
パートナー回線(au)
データ超過後の速度3GB:300kbps
20GB:1Mbps
1Mbps
サポートWEBのみWEB
電話
実店舗
特徴的なサービスLINEアプリのデータ消費は無料楽天ポイント払い可能
割引サービス家族割、学割なし楽天ひかり1年間無料
テザリング無料、申し込み不要無料、申し込み不要
スマホの販売なしあり
公式サイトLINEMO公式サイト楽天モバイル公式サイト
シンタ
どちらも安いから迷いなあ
それぞれの項目を比較してみましょう
さとう

【対応エリア比較】LINEMOは広いが楽天モバイルはまだ狭い!

まずはLINEMOと楽天モバイルの対応エリアを比較します。

LINEMOはソフトバンクの回線なので安心感がある

LINEMOはソフトバンク回線です。

LINEMO公式サイトより

格安SIMではなくソフトバンク回線そのものなのが大きな魅力になります。
ソフトバンクと同じ回線のクオリティで5Gにも対応。もちろん対応エリアも広いです。

あまりデータ容量を使わないなら3GBプラン、動画等を沢山みるなら20GBプランがおすすめです。

さとう
LINEMOの対応エリアはソフトバンクと同じね。とても広いよ

\今なら最大8ヵ月実質無料!/

LINEMO公式サイト

↑10,000円相当のポイント還元あり↑

ポイント

楽天モバイルは無制限エリアが狭い

楽天モバイルは対応エリアに問題があります。
楽天モバイルは楽天モバイルエリア内ならデータ容量無制限で使えますが、エリアがまだまだ狭く、人口カバー率97%です。

さとう
都市部は良いけど地方や山間部はまだ弱いところがあるの

楽天モバイルエリア(無制限エリア)外だとパートナー回線エリア(auから借りているエリア)に繋がります。
パートナー回線の月の上限が5GB。5GB超過後は1Mbpsに通信速度が制限されます。

シンタ
パートナー回線エリアは楽天のエリアがまだ狭いのでauから借りている回線に繋がるよ

ちなみに制限後の1Mbpsという速度はSNS、ウェブサイト閲覧なら問題なく、更にYouTubeの標準画質なら視聴可能なレベルです。
更にそれほどインターネットをしない方なら5GB以内でおさまる方も多いでしょう。

楽天モバイルはコスパ抜群のサービスですが最大のデメリットが対応エリアです。
都市部にお住まいで楽天モバイルエリア内で行動するなら楽天モバイルはおすすめです。
また、月のデータ量が5GB以下という方ならパートナー回線エリアにお住まいでも問題はありません。

さとう
楽天モバイルエリア(無制限のエリア)は急速に拡大中だよ

【対応エリアの狭さはストレスになる】

対応エリアの狭さは思いのほかストレスになるものです。
楽天モバイルの場合、現在地が楽天モバイルエリアかパートナー回線エリアかを考えながら通信をする必要があります。
パートナー回線エリアは無制限ではなく5GBが上限のためスマホの使い方も変わってくるからです。

さとう
対応エリアかどうかを考えながら通信するのは結構ストレスよ

また、スマホは同じ場所で使う道具ではありません。様々な場所に移動するので、その都度対応エリアを気にしなくてはなりません。

それに対してLINEMOはソフトバンク回線そのものですから対応エリアを気にするストレスがないのが魅力です。

参考LINEMOの速度制限は速い?遅い?時間帯など全ての疑問を解説

さとう
対応エリアはスマホの根本的な部分よ。当然だけど繋がらないと使えないから重要な比較ポイントね

対応エリアの比較まとめ

LINEMOはソフトバンク回線なのでハイクオリティで安心感があります。エリアもキャリア回線そのものなので非常に広いです。
それに対して楽天モバイルは楽天モバイルエリアがまだ狭いのがネック。
楽天モバイルエリア内の方なら無制限で使えるため検討の価値があります。

シンタ
楽天モバイルエリア内なら無制限だから魅力的だね
さとう
スマホは移動しながら使うからよく移動する場所がエリア内かもチェックするのがおすすめよ

【通話の比較】LINEMOはLINE通話、楽天モバイルはRakuten Linkがかけ放題

LINEMOはLINEで音声、ビデオ通話かけ放題

LINEMOはLINEアプリで使うデータ量がすべて無料です。(ギガノーカウント)
LINEのトークはもちろん、音声、ビデオ通話に使ったデータ消費には料金がかかりません。

さとう
特にLINEの音声通話は家族同士の通話にかなり使えるよ
家族や友人の通話をLINE通話にすれば通話料が節約できるね
シンタ

LINE

また、LINEにはLINE OUTという無料通話の仕組みがあります。
こちらは固定電話や、携帯電話にかける事が可能。固定電話にかける場合は3分、携帯電話なら2分の通話が無料です。
LINE OUTはデータ消費がカウント対象ですが、通話が無料できるのは大きな魅力。

さとう
ただしLINE Outは通話の前に広告を見る必要があるのがネックね

いずれにせよLINEをヘビーに使う方にもLINEMOはおすすめです。

楽天モバイルは通話し放題アプリがある

楽天モバイルにはRakuten Linkという通話専用アプリがあります。

Rakuten Link

Rakuten Linkでの通話はかけ放題無料なのが魅力です。
このアプリが魅力的なので楽天モバイルを通話専用として契約している方も多いです。

さとう
通話かけ放題のRakuten Linkはまさに神アプリよね

Rakuten Linkの通話の音質は通常の電話回線には劣りますがこれで十分という方は多いでしょう。

通常の通話の比較

Rakuten LinkもLINEの通話もインターネット経由の通話なので音質は通常の通話には劣ります。
たかが音質のように思われがちですが、通話は相手の声を聞きたくてする場合がありますから、気にする方も多いです。
ネット環境が不安定だと途中で切れたり、音声が聞こえにくくなるケースもあり得ます。
それでもOKな方は良いのですが、気になる方にとってはやはり通常の音声通話は重要です。

さとう
特に仕事の電話などは通話品質の安定しないRakuten Linkは不向きね

通常の音声通話(スマホの標準電話アプリの通話)を比較してみましょう。

LINEMO楽天モバイル
通話料金22円/30秒22円/30秒
通話オプション【通話定額】5分以内無料
550円/月
【通話定額】かけ放題
1650円/月
15分通話かけ放題
1100円/月
国際通話かけ放題
980円/月
留守番電話220円/月0円/月
転送電話220円/月0円/月

LINEMOにも楽天モバイルにも通常の通話のかけ放題オプションがあります。

さとう
楽天モバイルはRakuten Linkがかけ放題だけど、通話品質重視の人のために通常の通話のかけ放題オプションもあるの

留守番電話、転送電話は、LINEMOは220/月で利用できます。
留守番電話と転送電話、着信のお知らせ機能がセットになった「留守電パック」があり、コミコミで220円/月です。

参考LINEMOは留守番電話と着信転送が可能!具体的な方法できない?代替手段と対策

対して楽天モバイルは、留守番電話も転送電話も無料です。

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

通話の比較まとめ

通話に関しては楽天モバイルの方がLINEMOに一歩リードしています。
特にRakuten Linkは通話し放題で無料と圧倒的なコスパを誇ります。

Rakuten Linkは通常の電話番号にもかけられるのが魅力。LINEMOはLINE通話が無料ですが通話できる相手はLINEの友達に限られます。
更に楽天モバイルは留守番電話や転送電話などの機能も充実してます。LINEMOはオプションで留守番電話、転送電話に対応する事になります。

さとう
LINEの通話機能もRakuten Linkも通話品質は通常の通話には劣るよ
通話品質が気になるなら通常の通話が大事になるね
シンタ

\今なら最大8ヵ月実質無料!/

LINEMO公式サイト

↑10,000円相当のポイント還元あり↑

【乗り換えのしやすさ】ソフトバンクからならLINEMO、楽天モバイルは移転元を問わない

ソフトバンク、ワイモバイルからの乗り換えならLINEMO

LINEMOはソフトバンクの新ブランドなので、ソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えにはスマホのSIMロック解除も、NMP(番号ポータビリティ)の手続きも不要です。
LINEMOの申し込み画面に従っていくだけでOKです。

ソフトバンクやワイモバイルをご利用の方は「My SoftBank」、「My Y!mobile」の情報がそのまま引き継げるLINEMOがおすすめです。
ちなみにソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えはSIMロック解除、MNP手続きが必要になります。

さとう
ソフトバンク、ワイモバイルの方ならLINEMOへの乗換えの手間がかからないよ
同じソフトバンクグループ内の乗換えだからだね
シンタ

\今なら最大8ヵ月実質無料!/

LINEMO公式サイト

↑10,000円相当のポイント還元あり↑

ドコモ、auからの乗り換えはどちらも同じ手順

その他のキャリア(ドコモ、auなど)からの乗り換えの場合はLINEMOも楽天モバイルもSIMロック解除とNMPの手続きが必要です。

SIMロック解除→MNP予約番号を発行→申し込みという手順になります。

ポイント

キャリアメールは引き続き利用可能!

2021年12月からドコモ、au、ソフトバンクのキャリアメールを持ち運べるようになりました。
長年の利用者にはキャリアメールが使えなくなるのが原因で携帯会社を移れなかった方も多いので朗報です。
料金はドコモ、au、ソフトバンクともに330円/月です。
解約後31日以内にキャリアメールの持ち運びを申し込むだけでOKです。

参考LINEMOでキャリアメールを使える条件と具体的な方法

シンタ
ソフトバンクを使ってるならLINEMOの方が乗り換えが容易なんだね
楽天モバイルはどこから移転するのも手間は同じだよ
さとう

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

【テザリングの比較】LINEMOも楽天モバイルも無料

LINEMOも楽天モバイルもテザリングは無料で使えます。
申し込む必要もなく何もしなくても、すぐ使えるので便利。

利用できるデータ容量はそれぞれのプランの上限までです。
LINEMOなら3GBか20GB、楽天モバイルは無制限で利用可能です。テザリングで使えるデータ量はスマホでの回線利用との合算になるので注意してください。

LINEMOの20GBプランを例にとると、5GBをスマホの通信に利用したらテザリングでは残りの15GB利用できるという事になります。

参考LINEMOのテザリングは無料で使える!具体的な手順

シンタ
楽天モバイルは無制限でテザリングできるのが良いね
LINEMOも20GBプランなら上限に達した後も1Mbpsの低速でテザリングができるよ。ただし重いデータを扱うには厳しいわ
さとう

【サポート体制】LINEMOはオンラインのみ楽天モバイルは実店舗も

実店舗や電話サポートをよく利用するならLINEMOでは物足りないかも知れません。
LINEMOは格安の料金を実現するためにオンラインで完結するサービスだからです。
ソフトバンクの新ブランドですがソフトバンクショップでのサポートや電話でのサポートには対応していません。

シンタ
LINEMOは店舗サポートがない分、月額料金が安いんだね

それに対して楽天モバイルはオンラインチャット、電話、実店舗でのサポートに対応しています。
手厚いサポート体制が必要な方は楽天モバイルの方が安心して利用できるでしょう。

さとう
楽天モバイルは実店舗のサポートもあるから心強いわね

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

【家族割・セット割】LINEMOは対象外!楽天モバイルはセット割あり

大手キャリアにある家族割は、LINEMOにも楽天モバイルにもありません。
割引だけでなく、家族間の通話無料もないので注意が必要です。

シンタ
家族間の通話無料を利用している方は多いよね

家族間通話を沢山する方の対処法

家族間の通話を沢山する方は、LINEMOかけ放題オプション(1650円/月)が便利。
更にLINE通話ならいくらデータ消費をしてもカウントされないので通話し放題です。

さとう
LINE通話ならいくらかけてもデータを消費しないよ
この機会にLINE通話を使ってみるのもよいね
シンタ

\今なら最大8ヵ月実質無料!/

LINEMO公式サイト

↑10,000円相当のポイント還元あり↑

楽天モバイルは Rakuten Linkが使い放題無料なので家族にも気軽に電話できます。
通常の電話にも15分通話かけ放題オプション(1100円/月)があります。

さとう
以前は10分のかけ放題だったけど、料金そのままで15分に延長されたの
15分もあったら無制限かけ放題とあまり変わらないね
シンタ

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

光回線のセット割は楽天モバイルのみ

光回線のセット割は楽天モバイルのみにあります。
楽天モバイルユーザーが楽天ひかりを契約すると1年間が無料です。

LINEMOには光回線のセット割がありません。そのためシンプルに安い光回線を選んだ方がお得です。
セット割がない光回線には月額料金の安さが魅力の光回線が沢山あります。

参考LINEMOにお得な光回線!ソフトバンク光はNG?

さとう
大手キャリアは家族割を前提とした料金とも言えるよ。家族割がない分、LINEMOや楽天モバイルは元々の月額料金がシンプルに安いの

【通信制限後の速度】LINEMOも楽天モバイルもそこそこ使える

月のデータ量を使い果たした場合、LINEMOも楽天モバイルも通信速度が制限されます。
この通信制限後の速度が両社ともそこそこの速さなのが魅力です。

【通信制限後の速度】

  • LINEMO(3GB)ー最大300kbps
  • LINEMO(20GB)ー最大1Mbps
  • 楽天モバイル(パートナー回線)ー最大1Mbps

三大キャリアの場合、通信制限後の速度は最大128kbpsです。この速度ではウェブサイトの閲覧も正常に行えません。
しかし、LINEMOの3GBプランなら最大300kbpsとSNSやウェブサイトの閲覧もそこそこできる速度です。
更にLINEMOの20GBプランや楽天モバイルのパートナー回線は1Mbps。
こちらはSNS、ウェブサイト閲覧、YouTubeの標準画質程度なら視聴可能です。

シンタ
データ量上限になってもそこそこ使えるのは良いね

データ量上限に達しても全く使えなくなるわけでないのは大きな魅力です。

さとう
楽天モバイルは楽天モバイルエリア内なら通信制限がかからない無制限。ただしエリア外なら通信制限がかかるの

【データチャージ】LINEMOも楽天モバイルも可能

LINEMOも楽天モバイルのパートナー回線もデータのチャージができます。
楽天モバイルは前述のとおり、楽天モバイルエリア内なら無制限ですが、エリア外のパートナー回線では上限が5GB。
パートナー回線エリアの方はデータのチャージが必要になるケースもあるでしょう。
LINEMOも楽天モバイルも1GBあたり550円。
LINEMOの場合は更にオートチャージ機能もあります。

さとう
データチャージはどちらも1GB550円で同じね

【LINEMOと楽天モバイル】よくある質問

LINEMOと楽天モバイルどっちがおすすめ?

楽天モバイルエリア内で大容量利用するなら楽天モバイルがおすすめです。3GB以下の利用ならLINEMOがおすすめです。
またソフトバンク回線から乗り換える方もLINEMOの方が手間がないのでおすすめになります。

LINEMOと楽天モバイルの併用はどう?

以前は楽天モバイルは利用しなければ0円でした。0円でRakuten Linkのかけ放題を使えたため、通話は楽天モバイル、データはLINEMOといった併用が有効でした。しかし現在は、楽天モバイルの最低料金が1078円になったために併用のメリットは少ないと言えます。

LINEMOとRakuten Linkとの併用はアリ?

現在、Rakuten Linkを利用するには楽天モバイルの最低利用料金1078円支払う必要があります。LINEMOの通話かけ放題オプションは1650円/月ですから1078円で通話かけ放題と考えるのなら併用はアリです。ただしRakuten Linkの通話品質は安定的ではない事は考慮しておきましょう。

LINEMOと楽天モバイルの通信速度はどっちが速い?

実測平均の比較だと、LINEMOは60.63Mbps、楽天モバイル57.98MbpsとLINEMOの方が少し速いです(みんなのネット回線速度調べ)。
ただし、大きな差ではないので、誤差の範囲、通信速度は同じくらいとも言えます。

【まとめ】LINEMO、楽天モバイルはこんな方におすすめ

LINEMOと楽天モバイルを比較してきてそれぞれの特徴が分かったと思います。
特に重要なのは対応エリアです。
楽天モバイルは無制限で使えますが、無制限で使えるエリアがまだ狭いのがネック。
それ以外のエリアは提携しているau回線と繋がり5GBが上限。5GBを超えると1Mbpsに速度が制限されいます。

楽天モバイルは、無制限で使える楽天モバイルエリアにお住まいの方や、パートナー回線エリアの5GBの制限にかからない程度のデータ量しか使わない方におすすめです。

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

LINEMOはソフトバンク回線そのものなので通信回線のエリア、速度ともにハイクオリティです。
対応エリアや電波状況を気にしないで使いたいならLINEMOがおすすめです。
またLINEMOはLINEアプリで使うデータ消費がノーカウントですからLINEを沢山使う方にも最適。
ソフトバンクからの乗り換えならSIMロック解除もMNPの手続きも不要です。

\今なら最大8ヵ月実質無料!/

LINEMO公式サイト

↑10,000円相当のポイント還元あり↑

楽天モバイル前述の通り、楽天モバイルエリア内なら無制限なのでデータを沢山使う方におすすめです。
更に楽天モバイルは実店舗や電話でもサポートを受けられます。(LINEMOはオンラインのみのサポ―ト)
また、専用アプリ「 Rakuten Link」なら無料で通話し放題です。

関連ahamoと楽天モバイルを比較!お得なのはどっち?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-LINEMO

© 2022 ポケット型WiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校