楽天モバイル

楽天モバイルの15分かけ放題は必要?無料のRakuten Linkと違う点とお得ポイント

楽天モバイルはRakuten Linkだとかけ放題無料だよね。なのになぜオプションで有料かけ放題があるの?
シンタ
さとう
Rakuten Linkのかけ放題とオプションのものは別ものなの。重要点なので詳しく解説するね

楽天モバイルは通話かけ放題アプリRakuten Linkで人気となっています。
なぜRakuten Linkというアプリがあるのにオプションとして「10分(標準)通話かけ放題」があるのか疑問に思っている方も少なくありません。

Rakuten Linkなら何分話しても通話が無料なのに、わざわざオプション料金を払って10分かけ放題オプションを付けるのはもったいない気がしますよね。
実はRakuten Linkと「10分(標準)通話かけ放題」はそれぞれ特徴や使い方が違う、全く別のサービスなのです。
今回はそれぞれの通話かけ放題の違いや仕組み、どんな人におすすめかを解説します。

楽天モバイルの2つの「かけ放題」は何が違うのか?

さとう
楽天モバイルには2つのかけ放題があるよ。重要な点なので解説するね

楽天モバイルのRakuten Linkと「10分(標準)通話かけ放題」は、以下のような違いがあります。

Rakuten Link10分通話かけ放題
月額無料1,100円
通話料無料最初の10分間無料
超えたら22円/30秒
通話品質
専用アプリ必要不要
発信者番号通知できるできる

(料金は全て税込)

一番の違いは、Rakuten Linkは月額料金も通話料も無料で通話ができる点があります。


Rakuten Linkをダウンロードし、アプリから発信すれば、国内なら誰に何時間かけても無料です。

これに対して「10分(標準)通話かけ放題」は、Rakuten Linkアプリを使わない従来の電話を使った通話が10分間無料になります。
1,100円/月のオプション料金がかかり、10分を超えた分は30秒22円の通話料になります。

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

なぜRakuten Linkがあるのに、10分かけ放題オプションも提供されているのでしょうか。
その理由はRakuten Linkのデメリットが関係しています。

Rakuten Linkのデメリットはこれ!

先ほど解説したとおり、Rakuten Linkは電話回線を使わないアプリです。そのため、通信環境に通話品質が左右されるデメリットがあります。

プラチナバンドを持たない楽天モバイルは、大手携帯会社に比べ地下や高層ビルなどで不安定になる可能性が高くなります。また楽天回線が来ていない地方では、混雑時は遅くなる場合があります。

そのため従来の電話に比べ、Rakuten Linkの通話品質が悪いと感じる事があるのです。

さとう
通話品質は重要よ。普段から良好な品質で使っていると品質なんて意識しないけど悪いと気になるものなの

仕事や目上の人への大切な電話の際につながらないことや、ガサガサした音質になると困る人は多いのではないでしょうか。通話品質が低いと思いのほかストレスになるものです。
通信環境が良くない場合、Rakuten Linkを使わず、従来の電話を使ったほうが安定した通話ができます。

ただし従来の電話は30秒22円の通話料が必要です。30秒20円というの他社キャリア回線と同じで特別高いものではありませんが10分話すと440円と、なかなかの高額な通話料になります。

10分通話かけ放題オプションをつけておけば、10分以内の通話なら何回でも無料です。従来の電話をたくさん使う人のため、Rakuten Linkがあるのに10分通話かけ放題オプションも用意されているのです。

シンタ
Rakuten Linkは通話品質が不安定だから通常の通話の10分かけ放題のオプションがあるんだね
そうなの。プライベートなら多少品質が落ちるRakuten Linkでもかまわないという方は多いよ。でも仕事で使う方は品質が不安定では困るよね
さとう

Rakuten Linkの特徴とメリット

Rakuten Linkの特徴は、電話回線ではなくRCSという通信規格を利用していることが挙げられます。
従来の電話と違い電話回線を使わないため、かけ放題無料という、画期的なサービスができるのです。

LINE通話とも違い、Rakuten Linkを使っていない人や、固定電話にもかけられます。

楽天モバイルは基本料金も1GB以内なら無料なので、Rakuten Linkを使えば基本料金も通話料も0円で持ち続けることができます。

Rakuten Linkは通話料の他にもメリットがたくさんあります。

  • SMSも100通/日まで無料
  • 留守電も無料で使える
  • 電話帳が自動的にインポートされる
  • 相手に電話番号が表示される
  • 緊急通報・専用ダイヤルは従来の電話に自動で切り替わる
  • 海外指定66の国と地域から日本に無料でかけられる

Rakuten LinkアプリにはSMSや留守電の機能がついており、SMS送信や留守電再生も無料で使えます。
電話帳は今登録しているものが自動で取り込まれるため、改めて登録し直す必要はありません。

発信者番号通知にも対応しており、かけた相手には電話番号が通常通り表示されます。

警察などの緊急通報や、「0570」などの専用ダイヤルは使えませんが、従来の電話に切り替わる案内が出た上で、自動で切り替えてくれます。いざという時に発信できないことは無いのでご安心ください。
普段の電話として使えば、かけ放題無料というお得なアプリなのです。

参考楽天モバイルは無料で使える!4つの条件と運用方法を解説

さとう
Rakuten Linkはメリットとデメリットをおさえた上で賢く使いましょう

10分(標準)通話かけ放題のおすすめポイントはここ

「10分通話かけ放題」は月額1,100円で、最初の10分の通話が無料になるオプションです。
専用アプリは必要なく、スマホやiPhoneに標準でついている電話での通話が対象です。
使い慣れた電話を使えるため、操作に戸惑うことがありません。

従来の電話回線を使うため、今まで通りの品質の良い通話を10分間無料で使えます。高品質の通話をたくさん使いたい人におすすめです。

ただし10分を過ぎると30秒あたり22円の通話料がかかります。
要件だけで通話を終える人は良いですが、長電話をしてしまうと請求が割高になるので注意してください。
長電話の時はRakuten Linkにするなど、使い分けると良いでしょう。

さとう
通話品質にこだわる時だけ通常の通話にすると通話料が節約できるよ

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

10分(標準)通話かけ放題が必要な方はこんな方!

Rakuten Linkがあるのに、10分通話かけ放題オプションが必要か迷っている人も多いのではないでしょうか。

楽天モバイルの10分通話かけ放題は以下のような方におすすめです。

  • 品質の安定した通話を使いたい人
  • 「1417」の留守電をよく使う人
  • 従来の電話を10分ずつ、トータルで25分以上使う人

10分通話かけ放題オプションは従来の電話を使うため、電波の届きにくい場所でも安定した通話ができます。
品質の良い通話を安く使いたい人に最適です。

留守電にメッセージを残す時や、メッセージを受けて「1417」で再生しても10分無料の対象になります。今まで通りの留守電を使いたい人におすすめと言えます。

オプション料金が1,100円必要ですが、1,100円÷40円=25分なので、毎月10分以内の通話を25分以上使う人は、つけておいた方がお得になります。

10分通話かけ放題オプションは、楽天モバイルに契約した後からでも申し込み可能です。
迷っている人はRakuten Linkで様子を見てからオプション加入を検討しても遅くはありません。必要かどうかは人により違うため、じっくり検討してからオプション加入を考えてみてください。

さとう
一度、Rakuten Linkを使ってみて不満ならかけ放題オプションに入るのもおすすめよ

10分(標準)通話かけ放題のメリット、デメリット

さとう
楽天モバイルの10分かけ放題にはメリットとデメリットがあるよ

【デメリット】対象外の番号もあるため注意

10分通話かけ放題オプションは全ての電話が無料ではなく、対象外の電話番号もあります。

事前に確認しておき、「無料だと思ったらお金がかかってしまった」ということが無いよう気をつけましょう。

10分通話かけ放題オプションで対象外の番号はこちらです。

番号発信先
090-302-20~41、43~47、57~63、66~67衛星携帯(ワイドスター等)
0180 から始まる番号 テレドーム
0570 から始まる番号ナビダイヤル等
0067-1、3~4、6~8 から始まる番号りーふねっと(67 コール)
188消費者ホットライン
010 から始まる番号国際電話

普段あまり使わない番号のように思えますが、この中で多くの人に身近なのは「0570」から始まるナビダイヤルです。
ナビダイヤルはクレジットカードや家電製品など、企業のお問い合わせ番号として、よく使われています。

フリーダイヤルを導入している企業もありますが、「0570」から始まる番号なら電話料金がかかるので気をつけてください。
特に注意して欲しいのは混雑時。ナビダイヤルはガイダンスが流れてオペレーターに繋がるまでの待ち時間でも通話料がかかるので注意が必要です。

シンタ
かけ放題の対象外の番号には注意が必要だね

【メリット】SMS送信も100通まで無料

「10分(標準)通話かけ放題」に加入すれば、通話だけでなくSMSも100通/日まで無料で送れます。専用アプリは必要なく、今まで使っていたメッセージアプリで送ったメッセージが対象です。

迷惑メール防止の観点から1日100通までとなっていますが、1日に100通以上送ることはあまりないため十分な送信数でしょう。
通話だけでなく、SMSも対象になるのは嬉しいメリットです。

【メリット】留守番電話も無料の対象になる

かけた相手が留守電を設定していた場合、電話に出られない時は「留守番電話サービスセンター」に切り替わります。
10分通話かけ放題オプションなら、留守電にメッセージを残した場合も10分以内なら無料の対象です。

また自分が留守電を設定している場合、受けたメッセージは「1417」に電話して聴く必要があります。
本来なら留守電メッセージ再生も通話料がかかるのですが、10分通話かけ放題オプションなら無料。10分以内なら何回でも無料で留守電の再生ができます。

外出が多く留守電をよく使う人は、10分通話かけ放題オプションがおすすめです。

参考楽天モバイルは留守電になる?設定手順と申し込み方法

さとう
楽天モバイルの留守電は無料で利用できるよ

楽天モバイルと他社の通話かけ放題を比較した結果

シンタ
通常の通話のかけ放題が10分1,100円って他社と比べてどうなの?
かけ放題オプションがある他社と楽天モバイルを比較してみるね
さとう

ここでは他社のかけ放題と楽天モバイルの10分通話かけ放題を比較してみました。

通常の通話かけ放題がある会社を比較

アプリを使わず、従来の電話をかけた時に割引がある主な携帯会社をまとめました。

会社かけ放題サービス月額料金
楽天モバイル10分かけ放題
1,100円/月
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB~無制限:3,278円
ahamo5分かけ放題
(基本料金に含まれる)
かけ放題オプション
1,100円/月
2,970円
povo5分かけ放題
500円/月
通話かけ放題
1,650円/月
使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
LINEMO5分かけ放題
550円/月
通話定額(かけ放題)
1,650円/月
3GB:990円
20GBまで:2,728円

楽天モバイル以外の大手キャリアの格安プランには時間制限のないかけ放題のオプションがあります。
更にドコモの格安プランであるahamoは5分かけ放題込みの月額料金である事にも注目です。

参考ahamoは通話かけ放題にできる?オプションと他社比較

LINEMOはLINE通話のデータ消費はカウントされません。LINE通話を沢山する方におすすめの携帯会社です。
楽天モバイルの通常の通話5分かけ放題は他社よりもやや高いのが分かります。時間制限のないかけ放題が無いのも残念な点。
その分、他社にはないRakuten Linkによる通話かけ放題があるのがメリットです。

さとう
楽天モバイルは通話料金がかからないRakuten Linkが使えるのが大きなメリットね
プライベートはRakuten Link、仕事は通常の通話というように分けるとかなり通話料を節約できるな
シンタ

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

アプリを使った10分かけ放題がある会社を比較

次に、専用アプリを使えば10分かけ放題がある会社を比較してみました。

会社アプリ名サービス名
月額料金
BIGLOBEモバイルBIGLOBEでんわ10分かけ放題
913円
mineo mineoでんわmineoでんわ 10分かけ放題
935円
IIJmio みおふぉんダイアル通話定額10分+
700円
y.uモバイルy.uでんわ10分かけ放題
550円

楽天モバイルの10分通話かけ放題オプション(1,100円/月)と比べると、割安なオプション料金となっています。

ただ専用アプリを使うのであれば、Rakuten Linkなら通話は完全に無料です。もちろんオプション料金もかかりません。通話料を考えると楽天モバイルの方がお得に使えます。

楽天モバイルの通話かけ放題に関するよくある質問

楽天モバイルはかけ放題で利用できる?

Rakuten Linkを利用すれば通話かけ放題、無料です。また10分(標準)通話かけ放題オプションに入れば1,100円/月で通常の通話が10分かけ放題です。

Rakuten Linkが通話無料なのになぜ「10分(標準)通話かけ放題」があるの?

Rakuten Linkは通常の通話ほど通話品質が安定しません。安定した高品質な通話を沢山したい方のために「10分(標準)通話かけ放題」のオプションがあります。

沢山通話するのですがRakuten Linkの他にかけ放題オプションに入る必要はある?

Rakuten Linkの通話品質に満足なら通常の通話のかけ放題オプション入る必要はありません。実際に使ってみて品質がイマイチと感じたらオプション加入を検討しましょう。

楽天モバイルの通話かけ放題まとめ

楽天モバイルはRakuten Linkと10分通話かけ放題オプションの両方が用意されており、ユーザーの様々な需要に対応しています。
Rakuten Linkは無料で利用できますが、通話品質は通常の通話に劣ります。

そのため特に仕事などで通話を沢山使うなら利通常の通話のかけ放題オプションに加入しておくのがおすすめです。

またオプションはいつでも入れるので、あせって加入する必要はありません。
最初はRakuten Linkのかけ放題で試してみて、通話品質などに不満があるようなら10分通話かけ放題オプションを検討するのがおすすめです。
自分に必要がどうかよく考えて、お得に通話を使いましょう。

\月額990円~最大3,278円!使った分だけ

楽天モバイル公式サイト

↑最大24,000円相当のポイント還元中↑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

西本衣里

元携帯ショップ店員。新しいキャンペーンはすぐに飛びつくお得オタクです。格安SIMのサイト運営経験もあり、現在はWebライターとして活動中。複雑な内容でもわかりやすく伝えます。 徹底的にリサーチした上で比較し一番良いものを紹介しています。ライティング歴10年。

-楽天モバイル

© 2022 ポケット型WiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校